素材情報

アルミニウム

軽量である
アルミニウムの特徴として、まず第一に上げられるのは「軽い」こと。アルミニウムの比重は2.7。鉄(7.8)や銅(8.9)と比べると、約1/3です。
現在、軽量化による性能向上が時代のニーズ。特に自動車、鉄道車両、航空機、船舶などの輸送分野で、多くのアルミニウムが使われています。
軽量化によって運動効率が良くなり、燃費も向上。リサイクル性にも優れているので、地球に優しい金属と言えるでしょう。

優れた耐食性
空気中では、緻密で安定した酸化皮膜を生み出すアルミニウム。この皮膜が、腐食を自然に防ぎます。鉄鋼のように赤さびを生み出さず、耐食性もさらに高い。そして、強度も兼ね備えたアルミ合金。用途は多種多様です。特に建築、自動車、船舶、海洋開発などの分野では、この特性が大いに生かされています。
電気がよく通る
電気伝導率の良い素材は、一般的には銅が有名です。アルミの電気伝導率は、銅を100とすると60ほど。しかし、比重は約3分の1。同じ重さの銅に比べて、約2倍の電流を通すことができます。今では、高電圧の送電線のほとんどがアルミニウムです。
熱をよく伝える
アルミニウムの熱伝導率は、鉄の約3倍。熱をよく伝えるということは、熱くなるだけではありません。急速に冷えるという性質も意味します。そのため、鍋や湯沸しなどの日用品、冷暖房装置、各種の熱交換器、そしてビールやジュースなどの缶にもこの特性が生かされているのです。
アルミニウム
純アルミ系
アルミ純度が99.0%以上のものが純アルミ。JIS規格では、1000番台です。ネジとしては軟質のため、あまり実用的ではないですが、リベット類、ピン類などに用いられます。主な使用用途は、送電線や放熱板などです。
アルミ合金系
アルミニウムに種々の元素を添加し、合金にしたものがアルミ合金。いずれも、純アルミニウムにない特性が付加され、さまざまな分野で活用されています。
皆さんよくご存知のジュースのアルミ缶は、3000番台(Al(アルミ)+Mo(マンガン))。純アルミよりも、約20%強度が高くなります。
アルミサッシなどは6000番台(Al(アルミ)+Mg(マグネシウム)+Si(ケイ素))。加工性(押し出し)が良く、耐食性にも優れています。
7000番台(Al(アルミ)+Zn(アエン)+Mg(マグネシウム))は、熱処理後の強度がアルミ合金の中で最も大きい素材。引っ張り強さでいうと、鉄普通鋼の1.4倍ほどです。当社でも、7050を用いたネジを製造しています。
私たちのネジ創りは、お客様の意見からスタートします。

ネジに関するご要望、ご意見、お問い合わせをお待ちしております。

メール
072-966-6116
072-966-6607